航空機のあれこれ

航空機を中心にタイムリーなネタをお届けします♪

10日に発生した群馬県防災ヘリ墜落事故で搭乗していた9人全員の死亡を確認!異常な低空飛行・墜落地点付近で急旋回など謎が残る!!

10日に発生した群馬県防災ヘリ墜落事故で搭乗していた9人全員の死亡を確認されました!そこで本日の航空機のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180811122507p:plain

     

       目次

 

1.群馬県の防災ヘリコプター『はるな』と連絡が付かず!

群馬県によりますと、県の防災ヘリコプター『はるな』は、群馬と長野の県境付近に県が整備した登山道を視察するため、10日午前9時15分に前橋市にあるヘリポートを出発しました。ただ、予定されていた10日午前11時前になっても戻らなかったということです。 

www.koukukinoarekore.com

  

2.防災ヘリコプターには9人が搭乗!

国土交通省に提出された飛行計画書によりますと、群馬県の防災ヘリコプターには9人が搭乗しており、出発地と目的地はともに群馬ヘリポートで、飛行目的は訓練だということです。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

3.搭乗していた9人全員の死亡を確認!!

9人が乗った群馬県の防災ヘリコプターが同県中之条町の山中に墜落した事故で、搭乗していた9人全員の死亡が確認されました。現在県警が身元の確認を進めています!!

headlines.yahoo.co.jp

 

4.防災ヘリの事故は昨年3月の長野県以来!

防災ヘリコプターの事故では、昨年3月に長野県の山中で県の消防防災ヘリが墜落し、9人が死亡した事故以来の惨事です。その長野県防災ヘリは今年5月に運航が再開されています。 

www.koukukinoarekore.com

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.今回の墜落事故の原因は?

今回の墜落事故の原因は何なのでしょうか?防災ヘリコプターを目撃した人によりますと、異常なくらい低空を飛行していたとの証言があり、現場の映像を見た元航空自衛隊航空事故調査部長の永冨信吉氏は、「低いところで雲の動きが速く、急に視界不良になったのかもしれない」と話しています。また元運輸安全委員会航空事故調査官の楠原利行氏は、「台風一過で積乱雲ができやすい状況。冷たい空気が吹き下ろすダウンバーストが起きた可能性がある」と指摘しています。この他にもパイロットの健康状態や整備状況なども分析する必要があると述べており、つまり今のところ断定出来る状況ではないようですね!!

 

6.国交省は航空事故に該当すると認定し、事故調査官を現地に派遣!

国土交通省は、防災ヘリ『はるな』は群馬県中之条町の山中に墜落しましたが、航空事故に該当すると認定しており、運輸安全委員会は事故調査官3人を現地に派遣しています。

  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

7.まとめ

10日に発生した群馬県防災ヘリ墜落事故で搭乗していた9人全員の死亡を確認されました!今のところ視界不良説、ダウンバースト説、パイロットの健康状態に問題が発生した説、人為的ミス説、整備不良説などさまざまな可能性が考えられるようです。これは、早期の原因究明をして欲しいですね!!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

 

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 niti