航空機のあれこれ

航空機を中心にタイムリーなネタをお届けします♪

ドイツ・ベルリンのシェーネフェルト空港で『大人のおもちゃ』を爆弾と間違えて空港ターミナルが閉鎖される事態に!これには爆発物処理班も苦笑いwww

ドイツ・ベルリンのシェーネフェルト空港で、乗客の手荷物の中にあった不審物が爆弾と間違われ、空港の一部が閉鎖される騒ぎがありました。そこで本日の航空機のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180809154758p:plain

     

       目次

 

1.ドイツの空港で不審物が乗客の手荷物から見つかる!

ベルリンの連邦警察によりますと、ドイツ・ベルリンのシェーネフェルト空港で8月7日午前11時頃に係員が乗客の手荷物のX線検査で『不審物』を発見し、X線だけではかばんの中身が分からなかったことから警報を出しました!この影響でDターミナルは閉鎖され、警察が不審物の捜査を行うこととなりました。

 

2.かばんの持ち主は『テクニカルなもの』と説明し、歯切れが悪い回答!

かばんの持ち主は館内放送で呼び出され、警察から中身について質問されましたが、持ち主の男性は言葉を濁し、「テクニカルなもの」とだけ説明しました。こうしたことから、爆弾処理班も出動して1時間がかりで調べることになりました!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

3.かばんの中身の不審物は『大人のおもちゃ』だった!

爆弾処理班も出動して1時間がかりで調べた結果、かばんの中身はなんと『大人のおもちゃ』だったことが判明しました。こうしたことから、Dターミナルは正午ごろに再開されています。

 

4.フランクフルト空港でも乗客が避難するハプニングが発生!

ドイツでは、7日にフランクフルト空港でも爆発物の反応が出た一家が手違いで保安区域への立ち入りを許可されたために、乗客らが避難するハプニングが発生しています。影響は乗客7,000人あまりに及んでおり、シャレになりませんね!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.まとめ

ドイツ・ベルリンのシェーネフェルト空港で、乗客の手荷物の中にあった不審物が爆弾と間違われ、空港の一部が閉鎖される騒ぎがありました。結局大人のおもちゃだったようですが、人騒がせですね。テロ対策は重要ですが、もっと精度が高くならないのでしょうかね? 

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

 

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング