航空機のあれこれ

航空機を中心にタイムリーなネタをお届けします♪

水戸市の『ウルトラライトプレーン』墜落で運輸安全委員会が調査!墜落現場近くでは電線が切れていた!!

14日水戸市で『ウルトラライトプレーン』と呼ばれる小型の航空機が墜落し、操縦していた男性が死亡した事故を受けて国の運輸安全委員会による調査が始まりました。そこで本日の航空機のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180715171128p:plain

      

       目次

 

1.水戸市でプロペラ式の超軽量動力機(ウルトラライトプレーン)が墜落!

14日午前10時10分頃に水戸市元石川町で小型飛行機が墜落していると119番通報がありました。茨城県警によりますと、住宅開発中の造成地にプロペラ式の超軽量動力機(ウルトラライトプレーン)が墜落していたとの事です! 

www.koukukinoarekore.com

 

2.運輸安全委員会は航空事故調査官2名を現地に派遣!

国の運輸安全委員会は事故の詳しい原因を調べるため、航空事故調査官2人を現地に派遣しています。15日午前11時すぎには、墜落した機体が離着陸する際に使っていた水戸市の大洗場外離着陸場を訪れました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

3.墜落現場近くの電線が切れていた!

これまでの調べで、墜落現場近くの電線が切れていたことが分かっており、運輸安全委員会は今後機体の破損状況や現場の地理などを確認するほか、関係者からの聞き取りなども行うことにしています。 

 

4.航空事故調査官はさらに詳しく調べる方針!

国の運輸安全委員会の船木慎吾航空事故調査官は、「機体は翼とプロペラが大きく破損している。電線に引っかかった痕跡があるかどうかや飛行ルート、それに当時の気象状況なども含めて原因を調べたい」と話しています。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.まとめ

14日水戸市で『ウルトラライトプレーン』と呼ばれる小型の航空機が墜落し、操縦していた男性が死亡した事故を受けて国の運輸安全委員会による調査が始まりました。これまでの調べで、墜落現場近くの電線が切れていたことが分かっており、運輸安全委員会は今後機体の破損状況や現場の地理などを確認するほか、関係者からの聞き取りなども行うことにしています。  

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

 

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング