航空機のあれこれ

航空機を中心にタイムリーなネタをお届けします♪

那覇沖で『エクセル航空』のヘリJA350Dが墜落!航空自衛隊那覇基地が遭難信号を受信して無事救助!!

7日午後3時28分頃、航空自衛隊那覇基地が民間ヘリからの遭難信号を受信しました。そこで本日の航空機のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180609133215p:plain

      

       目次

 

1.航空自衛隊那覇基地が民間ヘリからの遭難信号を受信!

7日午後3時28分頃、航空自衛隊那覇基地が民間ヘリからの遭難信号を受信しました。これを受けて、航空自衛隊の救難ヘリコプターが現場海域に向かったところ、海上で手を振って助けを求めていた男性を見つけて救助しました。

 

2.男性が操縦していたのはエクセル航空のJA350D!

救助された男性が操縦していたのは、那覇空港から粟国空港に向かっていた、千葉県浦安市に本社がある『エクセル航空』のヘリコプターJA350Dです。このヘリコプターが那覇市の北西およそ40kmの海上に墜落したようですね。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

3.救助された操縦士は胸と腰の痛みはあるが、命に別状はなし!

警察や第11管区海上保安本部によりますと、墜落したヘリコプターにはこのパイロットが1人で乗っていて、胸と腰の痛みを訴えて病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。

 

4.墜落したヘリコプターは粟国空港にいる客を迎えに行く途中だった!!

今回墜落したヘリコプターは、粟国空港にいる客を迎えに行く途中だったということで、海上保安本部が墜落の原因を調べています。『エクセル航空』の相馬正幸副社長は、「原因は調査中で、情報を収集している。当面の間は飛行を自粛したい」と話しています。 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.まとめ

7日午後3時28分頃に航空自衛隊那覇基地が民間ヘリからの遭難信号を受信し、現場海域に向かったところ、『エクセル航空』のヘリコプターJA350Dが墜落し、男性が海上で手を振って助けを求めていたため、救助しました。墜落したヘリコプターにはこのパイロットが1人で乗っていて、胸と腰の痛みを訴えて病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。それにしても自衛隊が助けに来てくれて良かったですね。 

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

 

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング