航空機のあれこれ

航空機を中心にタイムリーなネタをお届けします♪

2015年の東京都調布市の小型機墜落事故で『日本エアロテック』の社長に懲役1年・執行猶予3年の判決!事故については業務上過失致死傷の疑いで警察が捜査を継続!!

2015年に小型機が墜落した事故で、航空法違反に問われていた『日本エアロテック』の社長に対し、判決が出たようです。そこで本日の航空機のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180518163634j:plain

     

       目次

 

1.『日本エアロテック』の社長に対し、懲役1年・執行猶予3年の判決!!

2015年に東京都調布市で小型プロペラ機が墜落した事故で、無許可で客から料金を受け取っていたとして、航空法違反に問われていた『日本エアロテック』社長の小山純二被告(64)に対し、東京地裁立川支部(川本清巌裁判長)は18日に懲役1年・執行猶予3年(求刑・懲役1年)の判決を言い渡しました。

headlines.yahoo.co.jp

 

2.どんな事故だっけ?

2015年7月26日に調布飛行場滑走路17から離陸した直後、10時58分頃に東京都調布市富士見町の住宅に墜落しました。小型機には機長ほか同乗者4名の計5名が搭乗していましたが、機長及び同乗者1名が死亡し、同乗者3名が重傷を負っています。

f:id:sho11070714:20180518162320p:plain

引用:概要 | 航空 | 運輸安全委員会

 

イマイチ思い出せない方は、この画像を見てもらえればきっと思い出すはずです☟

f:id:sho11070714:20180518163634j:plain

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

3.死者3名・重傷者3名・軽傷者2名の大惨事!!

この墜落事故では住宅に墜落したこともあり、3名が死亡(機長・同乗者・住民)・3名が重症(同乗者)・2名が軽傷(住民)と大惨事となりました。

f:id:sho11070714:20180518162549p:plain

引用:概要 | 航空 | 運輸安全委員会

 

4.最大離陸重量を超過した状態で飛行したことで、失速したとみられる!

この事故の原因としては、小型機が離陸上昇中に速度が低下したため、失速して飛行場周辺の住宅地に墜落したものと推定されています。速度が低下した原因としては、最大離陸重量を超過した状態で飛行したこと・低速で離陸したこと及び過度な機首上げ姿勢を継続したことによるものと推定されています。

f:id:sho11070714:20180518162935p:plain

引用:概要 | 航空 | 運輸安全委員会

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.事故を巡っては業務上過失致傷の疑いで警察は捜査!!

今回の判決は無許可で客から料金を受け取っていたとして、航空法違反に対する判決で、事故を巡っては業務上過失致死傷の疑いもあるとみて、警視庁が捜査を続けています。

 

6.まとめ

2015年に東京都調布市で小型プロペラ機が墜落した事故で、無許可で客から料金を受け取っていたとして、航空法違反に問われていた『日本エアロテック』社長の小山純二被告(64)に対し、東京地裁立川支部(川本清巌裁判長)は18日に懲役1年・執行猶予3年(求刑・懲役1年)の判決を言い渡しました。この事故では民家に墜落した事もあり、3名が死亡(機長・同乗者・住民)・3名が重症(同乗者)・2名が軽傷(住民)と大惨事となりました。

今回の判決は無許可で客から料金を受け取っていたとして、航空法違反に対する判決で、事故を巡っては業務上過失致死傷の疑いもあるとみて、警視庁が捜査を続けています。さすがに人が3人も死んでいますし、こっちもしっかりと立件して欲しいものですね!! 

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

 

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング