航空機のあれこれ

航空機を中心にタイムリーなネタをお届けします♪

戦後唯一の国産旅客機『YS11』が3年振りに飛行!高松空港の民営化に伴って能登空港で保管へ!!

高松空港の民営化に伴って、『YS11』が能登空港に向けて飛行するようです。そこで本日の航空機のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180511171812p:plain

    

       目次

 

1.戦後唯一の国産旅客機『YS11』が3年振りに飛行へ!!

高松市の高松空港に2015年から駐機していた戦後唯一の国産旅客機『YS11』が、本日11日に同空港を離陸し、能登空港(石川県輪島市)へ移動するようです!

headlines.yahoo.co.jp

 

2.『YS11』は航空関連会社『エアロラボ・インターナショナル』が所有!

高松空港に駐機していた『YS11』は、航空関連会社『エアロラボ・インターナショナル』が所有していました。機体は国土交通省から払い下げられたもので、寄付金を募って飛行が続けられる『動態保存』に取り組んでおり、高松空港には2015年5月に羽田空港から飛んできていました。国内で飛行可能な『YS11』型機は、他には存在しないとの事です!!

 

3.高松空港では『YS11』はイベントなどで披露されていた!!

高松空港では、『YS11』はイベントなどで地上走行を披露するなどファンに親しまれてきました。

takamatsu.mypl.net

 

そんな『YS11』がなぜ高松空港から離れることになったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

 

4.高松空港の民営化で『YS11』の駐機が難しくなっていた!!

高松空港に駐機していた『YS11』でしたが、今年4月の民営化に伴って駐機場の拡充も計画されており、従来通りに駐機し続けることが難しくなっていました。旅客の乗り降りに使える駐機スポットも現在の6カ所から8カ所に増設する計画で、駐機したままの『YS11』の取り扱いに頭を悩ませていました。

 

5.その上空港の供用規程で『YS11』は違反状態になっていた!!

その上、民営化に伴って定められた空港の供用規定では、機体を駐機できる期間を上限10日間とする項目も新設されたため、4月中旬からは『YS11』は違反状態となっていました。このため、運営会社に離陸を求めらていました。

 

6.日本航空学園が保管場所を提供!!

高松空港の民営化により、追い出される格好となった『YS11』でしたが、新しい保管場所に能登空港に隣接する日本航空学園が手を挙げました。日本航空学園は操縦士や整備士を養成する学校で、エアロラボ社の担当者は「能登空港でも飛べる状態を維持する。教材としても使ってもらえれば」と話しています。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

7.『YS11』の飛ぶところが見たい!!

『YS11』の飛ぶ状況がツイッターにあったので、掲載しておきますね!

 

 

8.まとめ

高松空港の民営化に伴って、『YS11』の駐機が難しくなったことを受けて、本日能登空港に向けて飛行しました。能登空港では日本航空学園が場所を提供しており、エアロラボ社の担当者は「能登空港でも飛べる状態を維持する。教材としても使ってもらえれば」と話しているとの事です。これはこれで良かったのかもしれませんね。 

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

 

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング