航空機のあれこれ

航空機を中心にタイムリーなネタをお届けします♪

2005年の開港以来初めて中部空港の国際線旅客数が福岡空港に抜かれる!LCCの取り込みの遅れか!?

2005年の開港以来初めて中部空港から福岡空港に抜かれました。そこで本日の航空機のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180502142623j:plain

    

       目次

 

1.中部空港の国際線旅客数が2005年の開港以来初めて福岡空港に抜かれる!!

国土交通省福岡空港事務所がまとめた2017年度の空港国際線旅客数は、速報値で633万3487人となり、中部空港の556万3430人を上回りました。中部空港が国際線旅客数で福岡空港に抜かれるのは、2005年の開港以来初めての事です!!

 

2.格安航空(LCC)の取り込みの遅れが原因か!?

中部空港は、格安航空(LCC)の取り込み遅れが響いたと思われます。中部空港の国内客も含めた旅客数は、2012年から6年連続で増加しているものの、伸び率は3割にとどまっています。その他空港は、成田以外はいずれも2倍以上の高い伸びを示す中、中部空港の低さがかなり目立ちますね!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

3.福岡空港は韓国のLCCの就航が盛ん!!

福岡空港は、韓国の格安航空会社(LCC)が5社就航しており、韓国3都市を繋ぐなど就航が盛んで、韓国人旅行客が押し上げた形です。九州運輸局の統計によると、2017年に九州を旅行した韓国人は220万人に上り、訪日韓国人客714万人の約3割を占めています!!

 

4.中部空港のLCC率は13.1%と成田・関西空港と大きな差が!!

中部国際空港会社によりますと、就航便数のLCC比率(2018年国内・国際線合計)は中部空港が13.1%に対し、成田は30.6%・関西空港が42.9%とかなり溝を開けられています。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.LCC専用ターミナルの完成が遅れているのも原因の1つか!?

中部空港は成田・羽田と関西空港に挟まれた立地の悪さもありますが、LCC専用ターミナルの建設が遅れたことも響いたと見られています。専用ターミナルは、関西は2012年に続き、2017年に新ターミナルも完成・成田も2015年から運用しているが、中部は2019年の完成を目指して今も建設中となっています。

  

6.まとめ

国土交通省福岡空港事務所がまとめた2017年度の空港国際線旅客数によりますと、中部空港の国際線旅客数が福岡空港に抜かれました。中部空港が福岡空港に抜かれるのは、2005年の開港以来初めての事です!! 原因としてはLCCの取り込みの遅れが響いたと見られており、挽回したいところですね!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

 

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング