航空機のあれこれ

航空機を中心にタイムリーなネタをお届けします♪

中国の広い範囲で謎の光を発する物体の目撃情報が相次ぐ!結果、ロケットでした~www

27日夜に中国の広い範囲で謎の明るい光を発する物体が飛行していると目撃情報が相次ぎました。そこで本日の航空機のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180429162311p:plain

   

       目次

 

1.中国の広い範囲で謎の明るい光を発する物体が飛行しているのを目撃!!

中国メディアの捜狐によると、内モンゴル自治区のフフホト(呼和浩特)市から江蘇省南京市にかけての広い範囲で27日午後8時ごろに、明るい光を発する物体が夜空を飛行する姿が目撃されました!!

f:id:sho11070714:20180429162311p:plain

 

2.中国版ツイッターの微博(ウェイボー)にはUFOなどのワードがトレンド上位に!!

中国の首都・北京市内や河南省、山西省の上空で4月27日夜9時頃(現地時間夜8時頃)、謎の飛行物体が多数目撃されました。これを受けて中国版Twitterの微博(ウェイボー)には画像や動画が次々とUPされており、大きな話題となっています。微博のトレンドには、北京上空・太原ufoなどのワードがトレンドの1、2位を独占しています。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

3.天文学の専門家は人口の飛行物体と指摘!

天文学の専門家である王亜男(ワン・ヤーナン)氏は、人工の飛行物体との考えを示していました。ただし、物体後部から光を発しているので航空機ではなく「作用反作用の原理で飛行する物体でロケットかミサイルのはずだ」と説明しています。飛行高度はかなり高く、大気圏の最上部か大気圏外を飛行したとみられるとの事です。

 

4.やっぱりUFOじゃなくロケットだった!!

同時間帯にロケットなどを打ち上げたという公式発表は見当たらなかったため、UFOじゃないかとかなり話題になりましたが、最新の情報によると、山西省の太原衛星発射センターから打ち上げられた中国のGPS衛星 北斗を積んだロケットとのことだったようです。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

  

5.まとめ

27日夜に中国の広い範囲で謎の明るい光を発する物体が飛行していると目撃情報が相次ぎましたが、山西省の太原衛星発射センターから打ち上げられた中国のGPS衛星 北斗を積んだロケットだったようですね。UFOじゃなくて残念でしたww 

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

 

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング