航空機のあれこれ

航空機を中心にタイムリーなネタをお届けします♪

大韓航空は機内を第1級の発がん性物質で掃除していた!?水晶とエチレングリコールが含まれていた可能性あり!!

暴言問題で物議を呼んでいる大韓航空で、今度は第1級の発がん性物質で機内を掃除していた事が分かりました。そこで本日の航空機のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~  

f:id:sho11070714:20180423145154p:plain

   

       目次

 

1.大韓航空では第1級の発がん性物質で機内を掃除していた!!

韓国・ノーカットニュースによりますと、韓国の航空会社『大韓航空』が、第1級の発がん性物質で機内のテーブルや椅子を掃除していたことが分かりました。

news.livedoor.com

 

2.昨年7月には機内清掃員5人が機内に入って5分後に嘔吐!!

昨年7月に、大韓航空の機内清掃員5人が機内に入って5分後に嘔吐して倒れ、近くの大学病院に運ばれていました。診断結果は化学物質による中毒の可能性を示唆していたとのことです。

 

3.洗浄薬品に水晶とエチレングリコールが含まれていた模様!!

これを受けて、ノーカットニュースが大韓航空機の清掃に使われている洗浄薬品を調査したところ、水晶とエチレングリコールが含まれていた事が分かりました。水晶は国際がん研究機関(IARC)が定めたグループ1(ヒトに対する発がん性がある)に属する発がん物質で、欧州連合(EU)では使用が禁止されています。

またエチレングリコールは女性の流産と不妊の原因として指摘されている物質になります。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

4.清掃員だけでなく、乗客の健康にも影響が!?

清掃員によりますと、洗浄薬品をタオルに付けて機内のテーブルのボールペン跡や汚れを磨いたと話しているとのことで、清掃員だけでなく乗客まで洗浄薬品に触れていたことになります。

 

5.下請け清掃業者は安全教育の未実施で行政処分!!

下請け清掃業者は、安全教育の未実施で行政処分を受けたが、当該薬品が有害ではないとの報告を受け使用したものと主張しており、今はそれさえも疑って使用を中止した状態と明らかにしています。

 

6.大韓航空は下請け業者への教育が不十分だったと説明!

大韓航空は、薬物の使用時に現場教育が不十分だったことは事実。現在の清掃はすべて水石鹸にしている。と説明しています。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

  

7.まとめ

暴言問題で物議を呼んでいる大韓航空で、今度は第1級の発がん性物質で機内を掃除していた事が分かりました。現在はその洗浄薬剤は使われていないとのことですが、水晶とエチレングリコールが含まれていたようです。しかも乗客が触れるところにも使われていたようで、清掃員だけでなく、乗客の健康にも影響を与えていたかもしれません。大会社がこんな有様だと、色々と心配になりますね!!

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

 

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング