航空機のあれこれ

航空機を中心にタイムリーなネタをお届けします♪

米・FAAはボーイング787の運行条件を厳しくする措置を発表!エンジンの部品に不具合が生じる恐れあり!!

アメリカの連邦航空局はボーイング787型機の運行条件を厳しくする措置を発表しました。そこで本日の航空機のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~  

f:id:sho11070714:20180418121143p:plain

  

       目次

 

1.米・FAAはボーイング787型機の運行条件を厳しくする措置を発表!!

アメリカの連邦航空局(FAA)は、17日にボーイング787型機の運行条件を厳しくすると発表しました!!

www3.nhk.or.jp

 

2.ボーング787型機は金属疲労によってエンジンの部品に不具合が生じる恐れがある!!

ボーイング787型機の一部が搭載しているロールス・ロイス社製のエンジンが、不具合の報告を受けて調査が行われた結果、一定の条件で飛行した場合にエンジンの圧縮機の羽が震え、金属疲労によって劣化が進んで不具合が生じる恐れがあることが判明したようです

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

3.緊急着陸出来る空港までの距離が5時間半以内から2時間20分以内に短縮される!!

FAAはこのエンジンを搭載している機体について、問題が解決されるまでの間は、緊急着陸できる空港までの距離が5時間半以内から2時間20分以内に短縮されます。

 

4.ボーイング社によると、670機ある787型機のうちおよそ1/4が対象!!

ボーイング社の声明によりますと、およそ670機ある787型機のうち、今回の措置の影響を受けるのは、およそ1/4の機体になるようです。また「ロールス・ロイス社と連携してエンジンの圧縮機の羽を点検しており、問題が見つかれば、羽を交換する。安全こそ、われわれの最優先事項だ」としています。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.日本の航空会社への影響は?

国土交通省によりますと、国内で対象となるのは全日空が運航する787型機64機のうち31機のようです。日本航空の機体は使用しているエンジンのメーカーが異なるため対象になっていないようですね。

  

6.まとめ

アメリカの連邦航空局はボーイング787型機の運行条件を厳しくする措置を発表しました。それによりますと、ボーイング787型機の一部が搭載しているロールス・ロイス社製のエンジンが、一定の条件で飛行した場合にエンジンの圧縮機の羽が震え、金属疲労によって劣化が進んで不具合が生じる恐れがあるようです。国内ではANAが保有する64機のうち31機が対象となるとの事です。これはちょっと困った問題なので、早急に対応して欲しいですね!! 

 

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

 

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング