航空機のあれこれ

航空機を中心にタイムリーなネタをお届けします♪

オークランド空港でNZ航空機とドローンがニアミス!同空港では6日にも起きたばかり!!

ニュージーランドのオークランド空港で25日にドローンと航空機がニアミスしていたことが分かりました。そこで本日の航空機のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~ 

f:id:sho11070714:20180331214443j:plain

  

       目次

 

1.ニュージーランドのオークランド空港でドローンと航空機がニアミス!!

ニュージーランドのオークランド空港で、3月25日に着陸しようとした羽田発ニュージーランド航空機とドローン(小型無人飛行機)がニアミスしていたことがNZ航空の発表で分かりました!!

headlines.yahoo.co.jp


2.NZ航空機が着陸態勢に入ったところドローンが急接近!!

NZ航空の発表によりますと、NZ92便が着陸態勢に入ったところ、機体から約5mの距離までドローンが急接近してきました!!航空機は急には止まれませんから、そのまま着陸をしたのですが、幸い接触はしなかったようです!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク 

  

3.ドローンがエンジンに吸い込まれる危険があった!!

NZ航空機は着陸態勢に入っていたことから、回避行動がとれない状況でした。ドローンが仮にエンジンへと吸い込まれると、エンジンを損傷する事態となり、重大な事故に発展する可能性もありました。

 

4.オークランド空港では3月6日にも管制空域内でドローンが確認されている。

オークランド空港では、3月6日にも管制空域内でドローンが確認されており、この影響で30分にわたり離着陸が停止しています。NZ航空は今回の事態を受けて、再発防止に向けてドローンに対する規制強化を求めています!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

5.ニュージーランドではドローンの事故増加を受けて、2015年8月に新たなルールを導入!!

ニュージーランドでは、2014年の国内ドローン事故件数27件発生・2015年にはさらに倍以上に増加したことを受けて、ニュージーランド政府当局(Civil Aviation Authority)(CAA)が商業用ドローンの新しいルールを策定し、2015年8月より導入しています。

具体的なルールは以下の通りとなります。

・ドローンを飛ばす際には、事前に土地所有者の許可が必要

・許可が得られない場合はCAAから許可を得る

・夜間は飛行禁止

ルールはしっかりとしていますが、何でこんなに頻発するのでしょうかね。

 

6.まとめ

ニュージーランドのオークランド空港では25日にドローンとNZ航空機がニアミスする事態が発生しました。着陸態勢に入っていたこともあり、回避行動が出来ない状態で、ドローンがエンジンに吸い込まれかねない状況でした。大事故になる前にしっかりと対策をして欲しいものですね!

  

常時読者は募集中です♪

仕方ないから読者になってやるよという奇特な方は、こちらからお願いします♪

   ↓

 

ランキングに参加中です。 応援お願いします♪

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング